カワイオカムラ(Kawai + Okamura)

 川合匠(かわいたくみ)1968年大阪生まれ。岡村寛生(おかむらひろき)1968年京都生まれ。京都市立芸術大学大学院在学中の1993年にカワイオカムラ結成。彫刻と絵画が合体した巨大なライトボックス作品などを制作していたが、徐々にその絵画的、造形的要素は映像の中へと展開し、1997年の初個展「オーバー・ザ・レインボウ」(アートスペース虹)では初めて映像作品を制作。また1999年の個四角いジャンル」(京都市四条ギャラリー)では初のセルアニメ《HOLY & CHEAP》を発表した。その後《ヘコヒョン7》(2004)を始めとして、デジタル・モデルアニメーションを中心に世界的に活動している。第65回ロカルノ国際映画祭(2012年、スイス)にて初公開された 《コロンボス》(2012)は、第53回クラクフ国際映画祭(2013年、ポーランド)で国際短編部門アニメーション最優秀賞、アルスエレクトロニカ・フェスティバル2014(オーストリア)ではコンピュータアニメーション/映画/VFX部門栄誉賞を受賞。フル3DCGアニメーションとなった《ムード・ホール》(2019)は第14回アニマトゥ国際アニメーション映画祭(2019年、スイス)エクスペリメンタルフィルム部門で最優秀作品賞を受賞した。川合は京都造形芸術大学情報デザイン学科教授、岡村は同准教授として次代を担うクリエイターの育成にも携わる。

主な展覧会

1997年 - 個展『オーバー・ザ・レインボウ』アートスペース虹、京都

1998年 - グループ展『どないやねん - 現代日本の創造力 - Donai yanen! Et maintenant!』エコール・

デ・ボザール、パリ、フランス

1999年 - 個展『四角いジャンル』京都市四条ギャラリー、京都

2002年 - グループ展『ビデオ・ラリー』ギャラリーそわか、京都

2005年 - グループ展『キリンアートプロジェクト2005』タマダプロジェクトアートスペース、東京、KPOキリンプラザ大阪

2006年 - グループ展 『取手アートプロジェクト2006』取手市旧戸頭終末処理場、茨城

2007年 - 個展『カワイオカムラマ - Summertime Blues Animation - 』京都芸術センター、京都

2007年 - 個展『クリテリオム71』水戸芸術館現代美術ギャラリー第9室、茨城

2007年 - グループ展『2007 Asian Art Biennial』国立台湾美術館、台北、台湾

2016年 - 個展『ムード・ホール』京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA、京都

主な映画祭
2001年 - ''ヘッドレス 3001シリーズ''『The Images Festival of Independent Film and Video』トロント、カナダ
2002年 - ''ヘッドレス 3001シリーズ''『調布映画祭 第5回ショートフィルムコンペティション』東京(特別賞)

2005年 - ''ヘコヒョン7''『第1回アンダー10ミニッツデジタルシネマフェスティバル』東京(グランプリ)

2005年 - ''ヘコヒョン7''『RESFEST 2005 Japan Tour』東京、他全国5カ所の会場

2011年 - ''ヘコヒョン・ナイン''『現代日本映画番外編 - 関西からの声 - 』パリ日本文化会館、パリ、フランス

2012年 - ''コロンボス''『Locarno International Film Festival』ロカルノ、スイス

2012年 - ''コロンボス''『London International Animation Festival』ロンドン、UK

2012年 - ''コロンボス''『Eyeworks Festival of Experimental Animation』 シカゴ、USA

2013年 - ''コロンボス''『International Film Festival Rotterdam』ロッテルダム、オランダ

2013年 - ''コロンボス''『Anima Festival (The Brussels Animation Film Festival)』ブリュッセル、ベルギー

2013年 - ''コロンボス''『Krakow Film Festival』クラクフ、ポーランド(国際短編部門アニメーション最優秀作品賞)

2014年 - ''コロンボス''『Ars Electoronica アルス・エレクトロニカ 2014』リンツ、オーストリア(栄誉賞)

2015年 - ''コロンボス''『FILMFEST DRESDEN International Short Film Festival』ドレスデン、ドイツ

2019年 - ''ムード・ホール''『Animatou International Animation Film Festival 2019』ジュネーブ、スイス(エクスペリメンタルフィルム部門最優秀作品賞)   

 
テレビ番組

2000年 - テレビ東京『バミリオン・プレジャー・ナイト』(制作:吉本興業 監督: 石橋義正)

福永信(Shin Fukunaga)

 1972年、東京生まれ。1997年結成。その年の10月に応募した短編「読み終えて」でリトルモア・第1回ストリートノベル大賞を受賞して初掲載。著書に、『アクロバット前夜』(2001/新装版『アクロバット前夜90°』/2009)、『あっぷあっぷ』(2004/村瀬恭子との共著)『コップとコッペパンとペン』(2007)、『星座から見た地球』(2010)、『一一一一一』(2011)、『こんにちは美術』(2012/編著)、『三姉妹とその友達』(2013)、『星座と文学』(2014)、『小説の家』(2016/編集)、『本とその周辺をめぐる、6か月とちょっとの旅』(同)、『カワイオカムラ ムード・ホール』(2017/編集)など日本語圏を中心に活動。2015年、第5回早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞受賞。(著者近影©ナマエミョウジ)